PHOTO MESSAGE TO YOU

心に残したいシーンを綴っています

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

9月22日に行われた東京駅舎 ライトアップ






SANKEI NEWSより



TOKYO STATION VISION 東京駅復原記念しCG映像投影 赤れんがに浮かぶSL



幻想的な映像です




大正時代の開業時の外観がよみがえった東京駅丸の内側で、コンピューターグラフィックス(CG)映像を投影する記念イベントが22日行われた。赤れんが駅舎に蒸気機関車(­SL)や楽器が立体的に浮かび上がり、幻想的なムードをつくり出した。

 テーマは「時空を超えた旅」。駅舎中央部の幅120m、高さ30mの部分をスクリーンに、46台の高性能プロジェクターで、音楽に合わせCGが映し出された。23日も午後­8時から、1回10分の投影を3回行う予定。観覧は無料。

 このイベントは「プロジェクションマッピング」という最先端の技術を用いて、正確に建物に高精細フルCG映像を投影するもので、NHKエンタープライズが制作した。西郡勲­氏、長添雅嗣氏、TAKCOM氏、志賀匠氏、針生悠伺氏ら映像作家が制作、音楽監督には岩崎太整氏、総合演出はNHKエンタープライズの森内大輔氏が行っている。

 東京駅丸の内駅舎は1914(大正3)年の開業に合わせて建設された。JR東日本は、1945年の空襲で焼失した3階部分と南北のドームを復元し、10月1日にグランドオ­ープンを迎える。




いく度となく通過している東京駅


いつも急ぎ足でゆっくりした事もないけれど


是非次回は生まれ変わった駅舎をゆっくり見てみたい
00:00 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ottoi.blog.fc2.com/tb.php/50-b71b5259
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。